おれはじつにばかだな

失敗は得てしてうまく隠せないもの

喉が痛い人のための『カルピスウォーター』

すっかり春が近づいてきましたが最近まで喉風邪で咳が出てたんです。

冬の間、毎日欠かさずに帰宅後のうがいをやっているも避けて通れない喉の痛み。

部屋に加湿器を置いたり、外出中は常にマスクをする。そんな虚しい抵抗を行っていてもなってしまったものは仕方ない。咳止め、喉の炎症を抑える薬を飲んで大人しくしていましょう。

それでも薬が効果を表すまではどうしても咳が抑えられないので喉を出来るだけ保湿してあげたい。といっても仕事中にできる保湿方法と言えば「マスクをする」「のど飴を舐める」「飲み物を飲む」ぐらい。

マスクについては常日頃装着しているので特に問題無し。のど飴についても普段舐める分には問題ないのだが、会話をする時などに口内での飴の居場所を探すのが苦手。

となると重要となってくるのは飲み物。コーヒーはなんとなく喉の炎症に良くなさそうで、お茶や水を飲むようにしているが、常にガブガブと飲んでいないとすぐに咳が酷くなるので反対に喉へ負担となっているか心配になる。

どうしたものかな〜と考えながらぼんやりネットを見ていたらこんな記事に遭遇。

serai.jp

福澤アナ曰く、喉を守るにはカルピス、ネクターをはじめとする「とろとろ飲料」がいいんだとか。色々調べてみると、お茶や水といった飲料は乾燥が早いのでむしろ逆効果なんだとか。なんてこったい。

上の記事では「濃い目のカルピス」を勧められているが、カルピス好きの家族が様々なフレーバーのカルピスを購入しているのを見ているため、普通の「カルピスウォーター」や「濃い目のカルピス」以外にも多種多様なカルピスがこの世に存在している事を知っている。

そこで、喉が痛い人にとってどのカルピスが一番効果があるのか、喉を直すついでに調べてみた。

なお、今回レビューしていくうちにカルピスのおかげなのか、全ての飲料を試す前に喉の痛みがすっかり取れてしまったので、後半については喉の調子が絶好調な状態で、自分の喉が痛かったとしたら…という前提の元、評価していることをご容赦いただきたい。

乳製飲料の仲間であるホワイトウォーター、ネクターとの比較が無いのは乳性飲料ファンから抗議がありそうだが、入手性の関係で今回は断念。個人的主観ではホワイトウォーターは結構サラサラしてそうなので喉への効果は薄そう、という印象。

咳が長引いていたり、咳が止まらないといった酷い症状の場合はカルピスでどうこうする前に大人しく病院へ行こう。診察してみたら呼吸器系の病気でした、なんて事もあるだろう。

評価条件

  • 常日頃飲むこと、あくまで喉の保湿のための2点を考慮し、対象製品は「500ml」以下の希釈不要なペットボトルタイプ製品を対象とし、カルピスソーダをはじめとする炭酸系は対象外とする。
  • 公正な評価を期すため、全ての製品は常温で評価する。(購入してもすぐに飲めないのが辛かった)
  • 評価を5点満点としてトロトロ感、保湿時間、味の好みを主観評価する。
  • 一部、アサヒ飲料(カルピス親会社)の公式サイトに記載の無い新製品(出荷完了で店頭在庫限り?)についても評価を行う。

www.asahiinryo.co.jp

カルピスウォーター

トロトロ感 ★★☆☆☆

保湿時間  ★★★☆☆

味の好み  ★★★★☆

寸評 全ての祖にして伝説。トロトロ感、保湿時間に関しては他フレーバーに劣るところがあるが、安定した味、ほとんどのスーパーやコンビニ、自販機でも容易に手に入れることができる入手率は、他のシリーズを大きく引き離すアドバンテージ。お気に入りのフレーバーが入手できない場合の代役をしっかりと果たしてくれるだろう。

濃い目のカルピス はちみつ入り

トロトロ感 ★★★★☆

保湿時間  ★★★★☆

味の好み  ★★☆☆☆

寸評 ベースとなるカルピスの味は忠実に保ったまま濃度を上げた「濃い目のカルピス はちみつ入り」。トロトロ度を高めただけではなく、ほのかに、はちみつを感じる事ができ、喉への優しさに満ち溢れた一本。欲を言えばはちみつの量が少々物足りないように感じるが、保湿時間については「濃い目」の名に恥じぬしっかりとした効果が期待できる。

発酵BLEND「ヨーグルト&『カルピス』」

トロトロ感 ★★★★★

保湿時間  ★★★★☆

味の好み  ★★★☆☆

寸評 濃い目のカルピスを上回るトロトロ度。他フレーバーと比べてもひときわ高いトロトロ度を誇る。一口飲むとカルピスどころか少し薄めの飲むヨーグルトといった飲み心地。その後、カルピスの味が追っかけてくるような不思議な感覚を得られる。後味にはヨーグルトっぽさが残るので、喉の痛みによっては合わない場合も。

カラダカルピス

トロトロ感 ★☆☆☆☆

保湿時間  ★☆☆☆☆

味の好み  ★☆☆☆☆

寸評 ゼロカロリー飲料の悪いところが全て表に出ている。喉の保湿という観点でもこれ以上の悪手は無いので大人しく別のフレーバーを手に取るべし。ストレートに言うと冷やしても不味い。カルピスを飲みたいが脂肪燃焼もさせたい。そんな事を考えている場合は冷静になってカルピスを1本空けた後に特茶やヘルシアを手に取るんだ。

あまおう&カルピス

トロトロ感 ★★★★☆

保湿時間  ★★★☆☆

味の好み  ★★★★★

寸評 未入手のフレーバーを除いた中では、最もカルピスの味が負けていると思われる「あまおう&カルピス」フルーツ牛乳が好きな人にとっては風呂上がりの一杯としてもお勧めできる一本。筆者はイチゴが好きなので好みの味だが、本記事執筆時はAmazon、Yahooショピングでは取扱が無く、楽天のみ取扱があった。

濃いめのカルピス ぶどう

トロトロ感 ★★☆☆☆

保湿時間  ★★☆☆☆

味の好み  ★★★☆☆

寸評 濃いめのカルピスシリーズのわりにトロトロ感があまり無い。むしろ無印よりサラサラしているので、「味が濃いめ」という意味合いを指している模様。口に入れた段階から後味までケミカルっぽさが出てるぶどうジュース。途中からこれカルピスなんですよーというほんのりカルピスっぽさが顔を出す。

完熟白桃&「カルピス」500ml

トロトロ感 ★★★★☆

保湿時間  ★★★★☆

味の好み  ★★★☆☆

寸評 程よい甘さの桃が入り込んでいるフレーバー。カルピスっぽさから少し離れた桃ジュースっぽさの強い飲みごたえを味わえる。喉へのあたりは他のフレーバーほどの優しさは無いので注意が必要だが、粘り強い保湿力を持っている飲み心地。

オレンジ&カルピス

トロトロ感 ★★★☆☆

保湿時間  ★★★☆☆

味の好み  ★★★★☆

寸評 オレンジがうまくカルピスと溶け合っていてわりとシンプルな飲み口。優しい口当たりは喉の保湿にもいい感じ。完熟白桃ほどのジュースっぽさは感じられないが、果汁1%が入っているので後味は優しいオレンジジュースそのもの。シンプルに美味しいフレーバー。

意外と見かけないぞカルピスフレーバー

色々な味を試すために行く先々のスーパーやコンビニでカルピスを探し回ったが、まーこれが思ったように見つからない。コンビニに置いてあるのは、カルピスウォーター、カラダカルピス。運が良ければ、濃いめのカルピスはちみつ入りや、発酵BLENDのどちらかが並んでいる、といった状況。

スーパーなどでも多くて4種類のフレーバーあればかなり多い方で、久しぶりに再訪すると普通のカルピスウォーター1種類だけになっていたり。後悔したくなければ見かけた時に躊躇なく買え。すぐ買え。いま買え。と肝に命じて探していました。

少しお高いスーパーに行けばずらっとあるかな?と思っても意外と無かったり。ネット通販で注文しようにも、やはり入手できないフレーバーは少なからずあるし、見つけられたとしてもそこで注文してしまうのは、それは何か違う気がしたので注文しなかった。

未入手のフレーバーを入手出来次第、追記していきたいと思う。100年近くの長きにわたってカルピス本社があった恵比寿の近くのスーパーとかに行けばあるかな?

www.calpis.info