おれはじつにばかだな

失敗は得てしてうまく隠せないもの

長年使っていた『タイムズカープラス』から『カレコ』にカーシェアサービスを変更する話

最近はあまりテレビなどの話題にもならなくなってきたカーシェアサービスですが、それほど一般に浸透したサービスとなりましたね。

写真のように首都圏の駐車場でも大きい駐車場にはカーシェア用のスペースが確保されているのもすっかりよく見る光景に。

代償に趣ある良いビル等が取り壊されるのもよく見るのはちょっと悲しいですが…。写真は川崎の「さいか屋川崎店」跡に出来たタイムズ駐車場のカーシェアスペースです。「さいか屋川崎店」は2018年現在、川崎日航ホテルビル内に縮小移転。

筆者も長らく『タイムズカープラス』の月額1030円会員と非常用に『オリックスカーシェア』の月額無料会員を契約していたのですが、今回いろんなタイミングが揃って長年契約していた『タイムズカープラス』から『カレコ』に契約変更をしようとしています。

ダラダラと契約だけして「便利だからこれでいいや~」と思っている方も一度見直しを検討してもいい時期かもしれないです。『カレコ』の運営体制にちょっとした"動きあり"です。

※契約時には必ずカレコ公式サイトにて契約規約を確認の上、契約ください。なお、元より学生で月額無料プランを契約している方はあまり参考にならないかも…

このタイミングでカレコに変える理由

  1. 近所に三井のリパークの大型駐車場が整備され、『カレコ』用スペースが確保された
  2. 2018年4月からカレコに月額無料会員プランが用意された。カレコのサービスルールの改定がいい感じになった
  3. 以前に比べてカーシェアの利用頻度が減った

理由としては「1」の影響が大きいのですが、ちょっと深掘りしていきます。

①近所に三井のリパークの大型駐車場が整備され、『カレコ』用スペースが確保された

元々契約していた『タイムズカープラス』と『オリックスカーシェア』のステーションは自宅の周りにはあまりなく、最寄り駅の周辺や、電車で一駅移動した駅の周辺などに多くのステーションが設置されていました。自宅に一番近いステーションは昔から『カレコ』のステーションだったのですが、そのステーションでは1台しか車が用意されておらず、自宅以外の出先での利用を考えると設置ステーション数から『タイムズカープラス』が候補に上がって来ました。

実際に使用していく上でもこのあたりの事情で、どのブランドのカーシェアサービスを契約するべきか迷う人は居ると思いますが、筆者は「自宅近くから借りたい時に借りられる事」と「出先でカーシェアを使いたくなった場合に近くにあること」を念頭において『タイムズカープラス』に軍配が上がりました。

実際に契約してからも「借りたい時に借りられない」事も無く、出先でのカーシェアを利用したい状況になってもそこまでの移動距離を歩くこと無く利用できる場面が数多くありました。

そのような形でカーシェアの利用を続けていたとある日、自宅近くの古いビルの取り壊しが行われていて、跡地に何ができるのかなと期待していたところ、あっという間に駐車場が出来上がってしまいました。

しかもそこは『カレコ』のステーションとして『1台』だけスペースが用意されていた駐車場の隣の敷地。元々あった三井のリパークと取り壊されて空いた敷地も含め、三井のリパークの巨大駐車場となりました。この段階でカーシェア用のスペースが増枠されるのを期待していたのですが、予想通りスペースが広がった事で全部で5台ほどのカーシェア用スペースの白線がアスファルトの上に描かれていきました。

②2018年4月からカレコに月額無料会員プランが用意された。カレコのサービスルールの改定がいい感じになった

こんな事もあり、『カレコ』のサービスを振り返って再検討をしていたところ、月会費無料プランが用意されていたのを発見しました。

プラン開始については4月24日からとのことで、4月中旬頃にビルの取り壊しが始まったのを考えると…図ったかのようなタイミング…

このタイミングに合わせて(厳密には2018年4月1日からなので月会費無料プラン開始からはズレます)一時的に契約を停止できる『休会制度』の廃止や、『運転免許証取得後1年未満の会員の入会および登録運転者登録』の禁止や、運営側の体制が変わってきているのを読み取れ、ついに『タイムズカープラス』一強の牙城が崩れ始めているんじゃ無いかと感じています。

③以前に比べてカーシェアの利用頻度が減った

以前と比べてカーシェアの利用頻度が減ったのもあります。カーシェアサービス黎明期の月会費無料キャンペーンなどで利用分などの支払いだけで済んでいたのもありますが、カーシェアを使うべきタイミングや、利用する上で延長料金を取られる事を考えて少し長い時間を予約しなくても問題ないと判断できるようになったところもあり、全体的な利用頻度が少なくなったことも考えられます。

普段の出先などではなく、友人含め複数人での旅行の際にも車を借りることがありますが、ワンウェイ(借りた車を別のサービス拠点に返却する事)や、借りる際のトラブル(室内が汚れていたり、借りたい車が駐車場内にはある模様だけどステーションスペースに無い)を考えると、まだまだレンタカーという選択肢が無くなる訳では無いですね。

カーシェアの料金と、レンタカーの料金を比較すると、短期間利用では確かにカーシェアが有利ですが、連泊するとレンタカーのほうが料金が安くなることが多いのはもちろん、観光地のカーシェア車両は利用者のマナーが悪い事が多々あり、車内のゴミが数多く残っていて、観光地でのカーシェア利用はすっかり控えるようになってしまいました…。そうなると全国津々浦にステーションのある『タイムズカープラス』を契約する意味はあまり無いのかな…という考えに。

タイムズの小さな動きもカレコに変えるきっかけに

以上の理由からおそらく来月(6月)からは『タイムズカープラス』から『カレコ』に契約変更をします(予定通り6月から『カレコ』に変更し、月額費無料会員で2~3ヶ月に1度ぐらいのペースで利用しています)。『カレコ』のHPを見ると現時点では6月分のオープンステーションの追加前ですが、さすがにここから駐車場枠への返り咲きは無いと信じています(笑)

余談ですが、タイムズ系のサービスを利用すると貯まる『タイムズポイント』。以前はタイムズポイントをSuicaポイントへ交換でき、Suicaポイントから更にSuicaへチャージすることでほぼ現金として利用できていたのですが、SuicaポイントがJRE Pointに共通化されるのを受けて交換サービスが2017年10月31日で終了しています。これもタイムズにこだわる必要が無くなったきっかけだったりします。

カーシェアサービスの併用は?

『オリックスカーシェア』については保険として引き続き契約を続けますが、幸い、まだ一度もお世話になっていないので「『カレコ』のステーションは無いけど『オリックスカーシェア』のステーションは近くにある!」という活躍の場が出てくるかもしれないです。『オリックスカーシェア』の場合ステーション数の問題もありますが、短時間利用だと利用分だけの請求とならず、「予約した時間での請求」となるので、あくまでメインでの利用は『カレコ』となりますけどね。

カレコ・カーシェアリングクラブ