おれはじつにばかだな

失敗は得てしてうまく隠せないもの

『Apple Watch Series3 Nike+ 42mm GPS model』を購入してアクセサリを揃えてみた

ほぼ衝動買いです。Apple Watch series3 Nike+(42mm スペースグレイGPSモデル)を買ってしまいました。

全てはApple公式でウインタースポーツのトラッキングが精度良くできますよ~という記事を見てしまったのが元凶です。

購入するまでの経緯

平日に上の記事を見つけて、週末に狂ったようにApple Watch関係の記事を片っ端から読み(ここが一番楽しい)、週明けの仕事終わりにヨドバシカメラに立ち寄って実物をじっくり観察。現状発売されているserise3であれば「以前の機種のように処理落ちもほとんど無く、実用に耐えられる!」と判断し、確認して購入を決意しました。既にMVNOをiPhoneで利用しており、iPhoneを手放したまま出かける事もこれから想定できなかったのでモデルはGPSモデルを選択。

今となっては街角でApple Watchを付けている人もよく見かけますし、奇異の目で見られることも少ないと思い、ちょうどいい頃合いかなと思って買っちゃいました。それでも会計のときはたまに「ギョッ」とされますけどね。早く世間が慣れて欲しい。

開封写真

ひとまず開封時の写真を並べておきます。

併せて購入したアクセサリー

Apple Watchの購入と合わせてアクセサリーを揃えました。フィルムについては似たり寄ったりのものが大量にあったのでひとまず高評価なそこそこの値段の物を。ケースについては冬場のスノーボード用にしっかりガードできる物を購入ししておきました。夏に向けて別のケースを用意したほうがいいかも。

Dalinch Apple Watch フィルム

怪しい日本語の手順書が付いてましたが品質には問題無し。Apple Watchの曲面にも貼れるタイプとしては安定している選択肢の一つかと。

フィルム貼付け後の写真です。分かりにくいですが、本体の四隅を良くみてもらうとガラス面とフィルムが貼られた面の段差が分かると思います。フィルムは四隅が切り欠けとなっており切り欠けによって曲面部もカバーしていますね。

貼り付け直後はほとんどわからないですが使用してくと端部にゴミが溜まっていくので定期的に掃除が必要です。(こればっかりはどうにもならない)

Spigen Apple Watch ケース ラギッド・アーマー

ケースを選ぶのにあたって

  • 側面部の衝撃からの保護を重視

  • 液晶保護用の窓は不要(雪や水が侵入した際に一旦カバーを外さなければいけないのはNG)

  •  ボタン類、側面部の水抜き穴まできちんと加工されている事

の3点を重視しました。

同じSpigen製で液晶保護用の窓が付いているものもありましたが、液晶保護用の窓は不要なので上記製品にしました。ケース類の選択肢は38mmモデルより42mmモデルのほうが気持ち多いかもしれないですね。

ボタン類を左側に配置して付ける方はケース正面の文字「RUGGED ARMOR」が逆転するので注意です。筆者は気にしないタチだったのでそのまま使ってます。見るのは液晶画面ですからね…

加工精度もバッチリでした。サイドボタンのメッキが使っているうちに剥がれてくるそうですがそんなに値段が高いものじゃないですし気になる方はストックしておいてもいいかもです。

ケースを付けたところで一つ問題が。ケースの加工精度が高すぎて先に貼り付けたフィルムが端部からめくれ上がってしまうように…。このケースを装着する場合は曲面部の保護をしないフィルムの購入がいいですね。解決策としてはケースとフィルムを一旦外してフィルムの曲面部分をある程度カットし、再度ケースを取り付けることで解決しました。Apple Watchのガラスフィルムはガラス自体の重みが無さすぎてうまく張り付かないレビューが多数あったので見送りしました。現状はフィルムで十分。

ケースについて一つだけ重要なコト

フィルムが不要になる下記のような全周タイプのクリアケースですが、あまりオススメできないです。Apple Watchには防水性能がついているため、装着したまま洗顔や手を洗ったりする場面が多いのですが、画面まで覆うクリアケースの場合、余程注意をしていないとクリアケースと本体の隙間に水滴が入り込み、タッチスクリーンが水滴に反応してしまい、いくらタッチしても反応してくれず操作困難になります。こうなるとバンドを外してから、ケースを外し、ケースと本体の水滴を拭き取ってからまたケース、バンドの順で取り付けて…って面倒にも程がある!という事でフィルム、外周保護ケースの組み合わせがオススメです。

Spigen Apple Watch スタンド

既にApple Watchを使用していた知人に購入するにあたって必要なアクセサリーは何か聞き取りした結果、「充電スタンドだけは買っておけ」と言われたのでこちらのスタンドを購入。純正の充電器をそのまま使用しているとちょっとのショックで充電がされていない事もあるらしいのでしっかり固定してあげる必要があるとか。スタンドを使用しているからなのか、今のところ充電ミスは一回も発生していないです。

ケースもスタンドもSpigen製品になりましたけどAmazon見ていると、ほんとロクな製品が無いです(★評価が高くてもちゃんと中身のあるレビューを見ると酷い事になってたり)ある程度値段が高くて名のしれたメーカーが製品を投入していないと粗悪なノーブランド製品ばかりになってしまいますね…

純正充電器をハメるだけという単純な構造なんですがしっかりと本体が固定されるので安心感をプラスといった感じですね。

検討中のアクセサリー

スタンドについてはiPhoneスタンドと一体型になっているモデルもありましたが重心の事とか、スペースを取ってしまうのでコンパクトな上記の物にしました。「iPhoneとApple Watchをひとまとめにしたい!」という方はこういったものがいいですかね。

思いっきりデザインに振り切るとなると以下のものが凄い心動かされます。サイズも小さくて可愛いし、Apple Watchの曲面加工がブラウン管に見えて凄く良さそう。

もっぱらスノーボードの時に使うのを想定していたので、バンドについてはNikeモデルの穴あきバンドで十分と思っています。購入するとしたら下記のステンレスバンドが評価が高く気になってます。

【2018/4/15追記】結果的に以下のバンドを購入しました。開封直後にバンドを伸ばした時に一部引っかかりが出たり、作りはちょっと甘いですが実用に耐えられない程では無いのでひとまず使用してみようと思います。【2018/10/20追記】使用から半年ほど経過しましたが磁力なども弱まらず、使い続けています。

あと、旅行等に行った際の充電用アクセサリーとして収納ケースも便利かなーと検討してます。充電ケーブルを収納でき、充電する際は本体がズレないようにベルトも付いているようですがウレタンゴム製なので汚れやすそうなのが難点かも。

今回、購入と同時に購入したものとしてはかなり満足しています!これからバンバン使っていきますよ。

購入のきっかけとなったウインタースポーツ系のトラッキングアプリの使い勝手についても比較記事にしましたのでどうぞ!

Apple Watchを購入してからカード式Suica定期券をApple PayのSuica定期券に切り替えました。そのときに色々と面倒な事になったので記事にしてます…後悔しないように、こちらもあわせてどうぞ。